スズキ

スズキというメーカー

スズキというメーカー

「スズキ」 ってんは不思議なメーカーでんがな。

 

GSX1100Sカタナや初代RG250γ、GSX-R750やらなんやら、先進的な歴史に残る名車を数々って発表してきよった。

 

上ねんうな爆発的なヒット作も多いのやが、その反面、「なんで?」っていうじみなモデルもおました。そないな中でぇ、知名度はひっく〜そやけど、うち個人的に結構気になっとったバイクがあるんや。

 

そら、“LS650サベージ” や。

 

 

 

【スズキLS650サベージ】
'86年に登場しいかのモデルは、空冷4ストロークの4バルブ単気筒バーチカル(直立)エンジンをシート高650mmのひっく〜車体に搭載、ベルトドライブでぇスムースな走りをしたそないな。

 

サベージには400cc版もおましたが、スペックが重視される我が国でぇはそっちゃもそない評価を得らぜるこってなく、650ccってってもにいつのまにや姿を消してん。

 

 

ほんで、'97年にそのエンジンを使ったオンロードモデルの “テンプター” が登場してん。

 

【スズキ・テンプター】
サベージのエンジンを搭載したビッグシングルのオンロードスポーツ。オーソドックスな落ち着おった外観を持ち、スリムでぇ軽量に仕上がっていますわ。フロントブレーキはダブルパネルのドラムブレーキを採用、前後H型のアルミリムやらなんやら懐かしい装備を採用しておったんや。

 

 

どちらも美しいデザインでぇ雰囲気のやるモデルやった。もうちびっとメジャーになっても不思議でぇあらへんバイクやって思うで。

 

登場した時期がちびっと早過ぎたやうな気がしまんねん。

 

車売却の事ならこのサイトへ


ホーム RSS購読 サイトマップ