妻の高所得.夫の性機能に影響

妻の高所得.夫の性機能に影響

自分より多くのお金を稼ぐ妻を置いた男性は、勃起不全などの性機能障害を経験する危険性が高いことが分かった。米国ワシントン大学投稿経営大学院とデンマークオールボー大学の研究チームは、1997年から2006年までデンマークの夫婦20万組を対象に、結婚生活や薬物使用、財政状態を分析した。その結果、研究者は、妻が夫よりも多くのお金を稼ぐ自宅で男性が勃起不全治療剤を多く使用していることを発見した。

 

研究チームは、男性の性的欲求や行動は、彼が所属する文化とお金や地位などの社会的要因とも関連している」とし「多くの男性が家庭経済を責任を負う役割を「社会的に普通」だと思うのに、状況が変わるされると、無気力感を感じることができる」と説明した。一方、このような家庭では、妻はそうでない既婚女性よりも不眠症に悩まされたり抗不安性薬品を使用する頻度が高くなった。この研究の結果は、過去2013年米国の「性格と社会心理学の時事通信」に載せられ、英国デイリーメールなどが報じた。


ホーム RSS購読 サイトマップ