産業カウンセラーの養成講座

産業カウンセラーの養成講座

産業カウンセラーの養成講座

4月から産業カウンセラーの養成講座に通っています。それももう少しで終了します。
受講生がクライアントとカウンセラー役に交互になって、今の悩み等を傾聴していく実習が何度かあります。
クライアント中心主義なので、あくまでも傾聴で、自分の意見はほとんど言いません。初めのうちはクライアントの感情に共感する対応が主となります。

 

実習の初めの頃は解決思考や自分の準拠枠で応答してしまう事も多かったですが、だいぶクライアントへの感情への応答が出来る様になってきました。

この間の実習で自分がクライアント役の時に、実習時間が長かった事もあって、就職活動をしている時の不安感といった今切実に思っている事を話したのですが、相手のカウンセラー役の方は元々キャリアカウンセラー志望の人だったこともあって、色々とご自分の意見を応答の際に述べられて、まあ、はっきり言ってそれぐらいの事は既に知っているよ的な感じだったこともあり、自分としてはカウンセリングにならなかったかなという感じでした。
私が普段お世話になっているキャリアカウンセラーの方がもう少し、気の利いた事を気遣いをしてくれているなと思いました。

 

まあ、養成講座なので、受講生はそれぞれ色々とカウンセラーとしての課題を抱えていますので、ちょっと深刻な事を聴いてもらうにはちゃんとした相談機関に話をした方がいいですね。でも他の受講生はそれなりにプラベートの深刻そうな悩みを吐露していたので、自分もいいかなと思ったのですがね。
私自身は今まで、そんなに深刻な悩みは話していなく、この間もダイエットが上手くいかないという私としてはそんなに優先順位が高くない話をしたりしていたのですがね。

 

ちょっと気分が萎えてきて、ちょっと引きこもりがちだったので、今日は銀座のスタバに行って、本を読んでいました。少しでも外出する様にしたいですね。もちろん、スマホを持っていつでもメールはチェック出来る様にしていますが。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ