子育てについて

子育てについて

 

子どもを育てるなんて一生のうちにそう何度も経験することでも無い。

 

子どもと向き合って行く長い長い時間の中でにくたらしいと思う事だってある。その間にどんなことがあるなんてわからない。生まれた時は可愛いと思えても、子どもに対する感情はどんどん変わって行く・・・五歳の子が暴れてて手にかけた親がいれば「ひどい親だ」と多くの人が思うと思うけど二十歳の子が暴れてて手にかけた親がいたとすれば「ある程度は仕方ない」と言う意見も出てくるのではないだろうか?

 

同じ子どもを手にかけた事件でも、受けるイメージは同じではない・・・僕から見ればだけど・・・じゃあいくつまでの子を手にかけるのがひどくて、いくつからの子を手にかけるのはある程度同情できるのか?と言えばその線引きは出来ないしね。

年齢だけじゃなくその子の性格によっても受ける印象違うだろうし、さらに言えば「いくつの子であっても手にかけるべきではない」と言われればごめんなさいと言う他無い(汗)人の心は移ろいやすい。生まれた時は大事に育ててやると思っても、途中で、いろんな理由で「やっぱいない方がいいかな」と思う人がいても、僕はおかしくないと思う・・・もちろん、それがいいことだとは言わないけど。それに、さっきも語ったけど子育てって親だけでやるもんでもないでしょ?子どもを育てるには金がいる。

 

だから会社に通うし(自営業の人もいるけど)国や県、地域住民など、親に関わってる全てのものが子どもに関わってると言ってよい。それなのに、虐待=親が悪いと言うのはちょっと短絡的過ぎるのではないだろうか?

 

子育てが嫌になるくらい親を追い詰めたのはなんなのか?そこを追求していかないとこの問題は解決しないと思う。親を責めたてるのは、それは事件が起こった後にやること。大切なのは、虐待を未然に防ぐ事だと僕は思う・・・僕は親から愛されて育ったし、仕事もあるし趣味もある。職場でいじめられてるわけでもない。でも、もし自分が親から愛されずに育ったなら、今、自分に仕事がなかったなら、家族に対する態度は今と同じだっただろうか?
虐待=親が悪いと決めつけるような社会では、「子どもが可愛く思えない」と言う悩みを打ち明けにくいと思うのだが・・・虐待があったのなら、もうちょっと親の言い分も聞いてあげた方がいいんじゃないか?一番の問題は、マスコミの虐待の事件の報道の仕方のような気もするなあ・・・あまりにも親を悪者にし過ぎだと思う・・・

 


ホーム RSS購読 サイトマップ