肝斑

肝斑で皮膚科を

肌質なのか・・・体質なのか・・・

こんにちわ!最近悩んでいる事があるんです。
肌質なのか、体質なのか、病院で診断された訳ではないのでわからないんですが、私は肝斑ができやすい。シミはできにくいのになぁ・・・顔(ここでいうシミ→老人性色素斑。一般的に"顔のシミ"と言ってみんなが思い浮かべる物がこれにあたると思います。)

 

初めて肝斑で皮膚科を受診した時が28歳の時。
保険適用で飲み薬。保険適用外診療で外からも治療。
受診が早かったのが良かったのか、2,3か月でキレイに治りました。
そして月日は流れ数年。
実は1年くらい前から、また目の下の骨に沿って、うっすらと黒ずみがあるのに気づいたのよね。
しかし、1度治療で治したわけだし、「気のせい・・・!」と言い聞かせ見て見ぬふり。

でもさぁ・・・
毎朝鏡を見るたびに
そして自分より若いコたちと集まる時とか・・・
やっぱり気になるexclamation ×2
皮膚科予約して〜、スケジュール開けて〜、またお金かかるし〜・・・
けっこう面倒くさいけど、やっぱり肌は綺麗な方がいいグッド
という事で約1か月前から2度目の肝斑治療を開始しました。
今回は、保険適用診療のみ。
自由診療もしたかったケド・・・今回は薬のみで肝班が治るのか試してみたくてウッシッシ
お尻ニキビは薬だけで治ったんでね!

 

『トランサミン』

 

"プラスミン"という血液を溶かす物質の働きをおさえることで、止血作用を発揮します。このことから、「抗プラスミン薬」と呼ばれています。安全性も高く、各種の出血に広く用いられています。
プラスミンは、アレルギーや炎症反応にもかかわっています。このお薬で、プラスミンの働きを弱めれば、アレルギー症状や炎症(腫れ)がやわらぎます。このような作用にもとづき、湿疹やじん麻疹、のどの赤みや腫れ、口内炎などに処方されています。皮膚科ではシミの治療にも応用されます。
これはCMで知ってる人もいるし、薬剤師に相談すれば薬局でも買えるので知ってる人もいると思います。
ただし、薬局で買うと5000円くらい。
病院に行けば保険適用で3割負担るんるん
診察料+薬トランサミン+他2種付いて計1500円しないあっかんべー

 

『ユベラ』

 

末梢の血行を促すことにより循環障害を改善し、抗酸化作用により過酸化脂質の増加を防ぎます。 通常、ビタミンEの欠乏症、末梢循環障害の治療や過酸化脂質の増加防止などに用いられます。
血行促進で栄養分がお肌にいきわたる、という訳ですね♪

 

『ハイC 25%』

 

スーパーのお菓子売り場でも売ってるような。
ビタミンCタブレットみたいな物かもしれない。
病院で貰えるのは顆粒タイプ。溶けやすくて、体への吸収も良いかもしれない。
コラーゲンの生成に関与し、皮膚・骨・血管が弱くなるのをおさえる作用、副腎皮質機能を改善する作用、メラニン色素の生成をおさえる作用などがあります。通常、ビタミンC欠乏症の予防や治療、食事からの摂取が不十分な際の補給、薬物中毒の治療、皮膚疾患などに用いられます。
こちらも、市販の物を買うより病院でもらった方が安い♪

 

 

これらの薬を飲み始めて約1か月。
今日、再診に行ってきました。
前回とは違う担当のお医者さん。(ちょっとイケメンだった〜目がハート・・・ってそれは関係ないか 笑)
お医者さん、私の顔を見るなり

 

「ん??今日ってお化粧しっかりしてます???」

 

私:「いえ、前回の時よりは薄いです。」

 

お医者様、カルテと私の顔を交互に見ながらこう言いました。

 

「前回は"両頬にカンパンあり"って書いてあるんだけど・・・ん〜・・・

 

へぇ〜、1か月でこんなに良くなるのか、すごいな電球」
って。。。冷や汗
お〜いおいあせあせ

 

 

確かに、カンパンを直接治してくれたのはお医者さんじゃなくてお薬ですけど・・・
病院で悪い所が治って驚かれるのってちょっと笑えるあせあせ
でもやっぱりお医者さんが驚くのは、他の人がもっと長くかかってるって事かな??
そうだとしたらなんか嬉しいほっとした顔

 

だって投薬の他に食事も睡眠も運動も、他お肌のお手入れも
一生懸命気を配ってるんだもんるんるん
相乗効果で、早くカンパン消えたのかなーるんるん

 

あと、ちょっと様子を見たとはいえ、色素が薄いうちに病院に行ったのがよかったのかな? これは前回もそうだったから。
今日、またお薬1か月分もらってきました。

 

ついでにニキビも根絶したいにゃーパンチ衝撃
お金をかけずに美肌になる方法るんるん
皮膚科は強い味方ですネ!


ホーム RSS購読 サイトマップ