自己破産

自己破産出来ない…!?

自己破産出来ない…!?

最近ニュースになっている、コンビニなどでのバイトの不祥事。

 

とうとう、バイト側を損害賠償で訴える企業も現れましたね。

 

「俺、どうせ支払えないし、まあ自己破産でもすりゃいいや」

 

なんて考える元アホバイト・客らに誰か教えてやって下さい。
破産法253条1項2号・3号に該当する損害賠償請求権は、免責されません。

 

もし、これまで被害に遭ったコンビニの親会社や飲食店の本社などが損害賠償請求を行い、満額認められたとして、その債務から逃れることは何があっても出来ません。

例外的に免責になるのは、
@破産者が、「悪意で被害者に加えた(=犯罪に当たるような内容)」のではない不法行為に基づく損害賠償請求権
A破産者が、軽過失により被害者に加えた「人の生命又は身体を害する不法行為」に基づく損害賠償請求権
のパターンのみ。それですら、免責される債権に該当するかどうかは、裁判で争われるケースもあります。

 

なお、破産者が、知っていながら故意に債権者名簿に記載しなかった損害賠償請求権は、(被害者が破産手続開始を知っていた場合を除き)253条1項2号・3号に該当する損害賠償請求権であっても、免責されません。(253条1項6号)

 

今回の場合は明らかに故意なので、たとえ自己破産しても賠償金だけは支払い続けなければならないのです。そして、破産しているからどこからも借り入れることは出来ません。
また、サラ金などは借金返済や賠償金返済のための融資は行いません。

 

そんな訳で…
「俺、店一軒つぶしたったぜー」なんて豪語するバカは一生払いきれないような損害賠償金を請求されて潰れてしまえむかっ(怒り)と思います。

 

代わりに支払わされるであろう親・兄弟・親族はたまったもんじゃないと思いますが、彼らに返済義務はありませんので、嫌なら息子や娘の不始末を拒否ればいいのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ