ダビング

ダビング

ダビング

昨日になってやっと、撮ってきたデジタルビデオムービーの編集を始めたのである。

 

編集といっても別にDVDソフトを作ろうとかいう大それた野望はない。とりあえず、まとめてDVDにコピーできれば良いのである。ところが、これが思ったより難物だった。録画はMP4なのだが、独自形式なのでこれをaviか何かに変換しないといけないのだが、やたらに時間がかかる。しかもカメラ付属の編集ソフトがイマイチで、一度に全部変換できないことが判った。

 

仕方がないので、まず後半部分からやろうと思って動かしたが、直接DVDに焼こうとしたら、2時間半かかって最終段階でエラーで落ちてしまった。ではとばかり、HDDに一度落とそうとしたら、やはり2時間半かかって一応出来たものの、やたらに容量が大きくなっている。元は全部合わせても1ギガいかないのに、後半だけで1.5ギガだ。不信は残ったが、まあいいとばかりにさっそくHDDに焼いてみた。こっちは順調で、5分程度で終わった。

パソコンのリーダーで問題なく作動したのでよし、と思っていたが、何か内容がヘンである。いきなり成田から帰ってくるバスの中から始まっている。なんと、順番が逆だった。つまり、mp4ファイルは撮影開始/終了ごとに別々になっているのだが、その再生順番が後ろからになっているのだ! なんでこうなったのか不明。
それでもせっかく焼いたのだから、としばらく見てみた。時々画面が停止して飛ぶが、これはおそらく私のPCのスペックだろう。フルMP4の再生だと力不足なのだ。

 

それにしてもせわしない。撮影の時は、一回につき5秒〜10秒程度で切るのだが、これを再生するとひっきりなしに画面が切り替わっていく。初めての撮影だから仕方がないかもしれないが、もっとじっくりとやるべきであった。容量不足になるのを恐れてこまめに切ってたからなあ。
時々意味不明の画像も混じる。撮ろうとして気が変わった時の映像とか、夕陽が綺麗なので立ち上げてカメラを向けた瞬間にトンネルに入ってしまったらしいのとか、美少女を撮っていたはずなのにハゲたおっさんの後頭部だけが画面を占領しているのとか、焼く前に消すべき画像も多い。

 

ムービー編集にハマる人の気持ちも判らないではない。編集の仕方によっては、このグチャグチャの画像も見栄えがするものにはなりそうである。だが、私はあんまりそういう趣味はない。しかもこのファイル、変換にやたらに時間がかかる上に、やっている間はPCを使えなくなるのだ。家での貴重な時間、PC使えないのは辛い。
というわけで、映像編集はしばらく待ちになる。何、そもそも人に見せられるようなものは写ってない。自分には貴重だが、他人が見たらこれほどつまらないものはないだろうし。

 

しかし、私のPCがこれほどスペック不足とは思わなかったなあ。メモリ増強したら多少はよくなるだろうか?

 


ホーム RSS購読 サイトマップ