便利さ

便利さ

便利さ

便利だなー!と感じたら、ちょっと危険信号?便利!とついつい感じてしまうアイテム、アプリが身の回りにたくさんあるとお思います。

 

世の中は「便利さ」を追い求めて追い求めて、忙しくなっているので、便利!と忙しい!は表裏一体だと気づくかないと、延々と忙しいループにはまってしまいます。

 

モノがなく、「不便」と感じる素朴な生活。

 

あれこれやることが多くない分、ひとつひとつが濃いんでしょう。動きもゆっくり。

 

食べる時間も、語らう時間も、すごく味わい深い。傍から見たら単調で、つまらないかもしれない。

 

けど、周りをいちいち気にすることもない、素の生き方だなぁ、と思ってます。「不便」であればあるほど、忙しくない、スローな生活。

「便利!」と感じることを減らしていけば、機械的な思考パターンから抜け出せる?とも思います。

 

自分で考えざるを得ませんから。レンジでチン!をやめて手料理で食べる、とかそれに類することかな。小難しい道徳的なことテイストでいえば、急がば回れとか、難しい道を選べ、ということでしょうか。

 

ま、「便利!」と感じさせるものには要注意ってことです。

 

脱機械人間。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ